今の イラストタッチ に影響を与えたものとは?

私が今の イラストタッチ をどのように確立したのか、また何から影響を受けたのか

イラストタッチの原点を考える女の子

よく今の イラストタッチ は何から影響を受けたのか、いつからこのタッチなのかと聞かれることが多いので今回はそのことについて綴っていきますよん。

いつからか明確には覚えていないのですが私は兄と父の影響で昔から洋画が大好きでした。そんな詳しくはないですが映画を観ることは今でも大好きです!!

初めて観た洋画作品は鮮明にその時の状況や誰と観たかなど覚えているのに、初めて観た邦画作品に関しては一切覚えてないです。いいんだか悪いんだか。

映画「スパイキッズ」
映画「スパイキッズ」
マーベル映画「アイアンマン」
マーベル映画「アイアンマン」

物心がつくと言われる小学生時代に「少林サッカー」と「スパイキッズ」に出会いました。スパイキッズは今でも観るほど大好きな映画です。

「少林サッカー」はイラストタッチに多分何も影響を与えていないのですが洋画が好きになるきっかけの作品なので記載しました。

有り得ない技でゴールを決めて勝ち進む単純なストーリーはきっとハマってしまうと思います。

次のスパイキッズに関して軽く説明を。特に好きなのが1で元スパイである夫婦が久しぶりに任務を任され遂行したが敵に捕らわれてしまい兄弟で両親を助け出しに行くというお話です。映画内に登場する敵は国民的人気番組を運営しておりそこで独特なキャラクターが出てきます。(テレタビーズのキモイverみたいな)

今の私のイラストタッチは絶妙にきもくて個性的なのが特徴だと思っています。気づいたらこのタッチが確立されていたのですが考えてみればスパイキッズに出てきてた敵キャラクターに影響されていたかもしれません。

お花見
10月
フラミンゴ

劇中では行方不明だった人達が皆、敵の所有する見た目を変えれる奇妙なマシーンによって姿が変えられていました。

なのでどこか人間味は感じるけど表情が本当に気持ち悪い不気味な見た目でした。

自分のたまに描く擬人化シリーズや性別の区別が付かない奇妙なキャラクタータッチはこの映画から来ているのかと思います。

あともう一つ影響受けた映画はマーベル映画です。これも兄の影響で見始めました。私のイラストはシンプルイラストというジャンルではなくポップイラストというジャンルに当てはまると思います。

マーベル映画はコミックを基にして作られているいわゆるアメコミです。アメコミを拝見した方はわかると思うのですがアメコミ作品は全体的に色使いが綺麗で派手でかつカラフルです。

私自身も色の彩度を高めて塗らなきゃ気が済まないです。

マーベル映画「スパイダーマン」
マーベル映画「ハルク」

過去に描いたマーベル映画のファンアートを載せときます。

このような感じでパステルカラーなどといった淡い色を用いることはあまりなく、男性が好みそうな明るい元気なイメージを与える配色になっています。

なのでたまにイラストを見せると海外のアニメや漫画みたいだねと言われることが多いです(っ ‘ ᵕ ‘ c)

人物やキャラクターなどは映画「スパイキッズ」から影響を受け、色使いや構図はたぶんマーベル映画から影響を受けたと自分で導き出しました。

といったものの結局今述べたことが本当にイラストタッチに影響を与えたのかよく分かりません。人は無意識に色々なことを吸収して実行する生き物ですからね。理由なんて分からなくていいんですよね。

未だにWordpressのブログの描き方やSEOがちゃんと稼働しているのかよく分からずこの記事が誰かに見られることはなさそうですが、もし自分のイラストに興味を持ってくれた方イラスト依頼をしてみたいなと思って下さった方はお気軽に連絡待ってます!!!!!!!!。°(´ฅωฅ`)°。

contact↑

ではまた今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です